公式RTと非公開ツイートの関係についてのメモ

8月下旬に、Favmemoに公式RT・非公式RT機能を加えてほしいという要望を受けて「今月中を目処に実装します」と返答してから早2ヶ月が経ちました・・・
非公開ユーザのツイートは仕様上公式RTできないことや、RT元のツイートが削除されると公式RTも削除されることは有名かと思いますが、RT元のツイートが非公開ツイートになった場合どうなるのか知らなかったのでちょっと調べてみました。

  • サインインしていないユーザが リツイートしたツイート を見ると真っ白(タイトルにはツイートの内容がバッチリ表示されている)
    ※ただしhttp://twitter.com/#!/ からこのURLを指定してアクセスすると非公式RT形式のツイートが見れる

  • サインインしていないユーザ リツイート元のツイート を見ると「このツイートを見ることを許可されていないため、見ることができません。」

  • 非公開ユーザをフォローしていないユーザが リツイートしたツイート を見ると「このユーザーはツイートを非公開にしています。」
    ※ただしhttp://twitter.com/#!/ からこのURLを指定してアクセスすると非公式RT形式のツイートが見れる

  • 非公開ユーザをフォローしていないユーザが リツイート元のツイート を見ると「このユーザーはツイートを非公開にしています。」

ちなみにJSON形式で取得した場合、status->user->protectedという項目があるんですが、ユーザの非公開か否かの現在の情報かと思いきやそうでもなく、ツイートした当時の情報かと思いきやそうでもなく、全く信用できない値という感じがしました。

あと、非公開ツイートをリツイートしようとした場合やリツイート済みツイートをリツイートしようとした場合 errors という項目が “sharing is not permissable for this status (Share validations failed)\nsharing is not permissable for this status (Share validations failed)\nsharing is not permissable for this status (Share validations failed)” となって返ってきます。

なんかわかりにくいですね!
まぁ機能実装する側としてはリツイート元のユーザが非公開ユーザかどうかのチェックだけすればいいんじゃないでしょうか。

広告
Pigで直接データを記述する裏技 改良版gruntで豚さんともっと対話して仲良くなろう!
※このエントリーははてなダイアリーから移行したものです。過去のコメントなどはそちらを参照してください