nodejs-mode.el 改め nodejs-repl.el 0.0.2 をリリースしました

去年の今頃、Node.js REPL を Emacs 上で使うための Emacs Lisp を公開しました。
Emacs から Node.js REPL を快適に使うための Emacs Lisp を作成しました - あらびき日記

Node.js 0.8 以降では使えなかったんですが、次のような issue が上がったので Node.js 0.8 以降に対応させて Marmalade で公開しました。
how about uploading to marmalade? · Issue #1 · abicky/nodejs-repl.el

動作確認は Emacs 23.4.1, 24.2.1、Node.js 0.6.17, 0.8.22, 0.10.7 で行なっています。以前対応していた Node.js 0.4 にも対応させようかと思いましたが面倒だったんでやめました。需要があれば対応します。

リポジトリはこちらです。以前は nodejs-mode.el でしたが、最近導入された(?)GitHub の rename 機能を使ってリポジトリ名を nodejs-repl.el に変更しました。
abicky/nodejs-repl.el · GitHub

インストール方法

別の方が MELPA にも登録したので、Emacs 24 であれば次のように .emacs (init.el) に記述して Marmalade か MELPA のリポジトリを追加すれば M-x package-install nodejs-repl によってインストールできます。

(when (require 'package nil t)
  (add-to-list 'package-archives '("melpa" . "http://melpa.milkbox.net/packages/") t)
  (add-to-list 'package-archives '("marmalade" . "http://marmalade-repo.org/packages/") t)
  (package-initialize))

REPL を利用するためには次の1行を .emacs に記述します。require でロードしても良いです。

(autoload 'nodejs-repl "nodejs-repl" "Run Node.js REPL" t)

— 2013-05-23 追記 —
id:syohex さんよりコメントをいただいたように package.el や el-get でインストールすると上記設定なしで nodejs-repl が実行できるようになります。
ただし、Marmalade に最初にアップロードした 0.0.2 は autoload コメントが入ってないので注意してください。
バージョンが日付になっている(MELPA のやつ)か 0.0.2.1 になっていれば設定不要です。
———————–

もしプロンプトをカスタマイズしたければ nodejs-repl-prompt の値を変更してください。
例えば .emacs に次のように記述すれば良いです。

(setq nodejs-repl-prompt "node> ")

提供する機能

以前も書きましたが次の機能を提供します。

  • タブによるトークンの補完
  • 文字列内でのファイル名補完
  • 履歴のインクリメンタルサーチ

使い方

M-x nodejs-repl で起動します。後は Node.js REPL とほぼ同じ感覚で使えるはずです。詳しくは以前のエントリーを参照してください。

ではでは、快適 Node.js REPL in Emacs 生活をお楽しみください!

広告
R を Homebrew でインストールする際に memory profiling を有効にする R による文書分類入門 & KNB コーパスの文書分類
※このエントリーははてなダイアリーから移行したものです。過去のコメントなどはそちらを参照してください