TeXファイル内の数式をPNGで出力するスクリプト

LaTeXで作成した論文をWordに変換しなければいけない作業ってありますよね.
TeX2Wordってものも存在しますが,数式はちゃんと出力してくれないらしいじゃないですか…
以前変換作業をした時には数式を画像に出力するためにLaTeX2HTMLを使ったんですが,数式内でcasesを使うと途中で分割されてTeXのコンパイルの時点でエラーになったり,eqnarrayなどはご丁寧にも画像が可能な限り分割されたりします.

というわけで,TeXファイル内の数式をPNG画像として出力するPerlスクリプトを作成しました.
次のURLからダウンロードできるのでご自由にお使い下さい.
https://github.com/abicky/latex/blob/master/texeq2png
https://github.com/abicky/latex_utils/blob/master/texeq2png
※2011/2/14 リポジトリ名変更しました.これからはもうちょっとちゃんとしたリポジトリ名を考えるよう気をつけます…

使い方など

  • 依存関係
    LaTeX環境 (latex or platex, dvips) と ImageMagick が必要です

  • 実行方法
    次のようにTeXのメインファイル (hoge.tex) を指定するとメインファイルの存在するディレクトリにhoge.imagesというディレクトリが作成され,そこに画像が出力されます.

    $ ./texeq2png hoge.tex
    

    ※頻繁に使う場合は/usr/local/binにでも移動してください
    ※\includeや\inputは行頭に存在することが前提です(但し手前に空白文字があってもよい)

ついでにhoge.images内にplain.txtというファイルも作成されます.TeXファイルからコメントや余計な改行を取り除き,数式・画像・表の部分を#imgXXX#・#figureXXX#・#tableXXX#に置き換えたプレーンテキストです.
※かなり適当です

とりあえず自分の環境では動いたんですが,バグなどがあればご報告お願いします.

広告
iTerm2でSwapOptCmdが使えるようにしてみた Google Docs Documentのフォントをシステム上のフォントに変更するブックマークレット
※このエントリーははてなダイアリーから移行したものです。過去のコメントなどはそちらを参照してください