Chrome で Emacs の kill-region 相当のことがしたくて extension を作ってみた

メインで使っているブラウザを Firefox から Chrome に乗り変えてからだいぶ経ったんですが、未だに不満なことが2つあります。
1つは browser.sessionstore.restore_on_demand に相当する機能がないこと、もう1つは Firemacs や KeySnail のような extension がないこと。

tmux で簡単に pane を swap するスクリプトを書いた

去年まで shell は Emacs 上で multi-shell を使っていたんですが、補完が微妙なのと遅いのと less などが使えないのを理由に、数年使っていた multi-shell を捨てて tmux 上で Emacs と zsh を立ち上げるようなスタイルに変更しました。1
っで、基本的に横 2 分割でバッファを切り替えて作業する私にとって、このスタイルだと Emacs の pane を表示しながら使用できる shell が 1 つしかないのが非常に苦痛でした。

  1. 一時期 multi-term を自分好みに改造しようと試みましたが挫折しました

日本語形態素解析の初歩

社内で LT をする機会があったので、最近趣味で MeCab のソースコードを読んでいることもあって日本語形態素解析について初歩的な説明をしてみました。

十分統計量 (Sufficient Statistics) って何なのさ?

「十分統計量」、よく聞くけどいまいちよくわからない用語ですよね。
Wikipedia によれば、次のような場合、その統計量は十分統計量らしいです。(定義ではなくざっくりとした意味です)

R でレポートを作成するのに knitr が超便利

何を今更って話なんですが、knitr 便利ですね。1
knitr は、ざっくり説明すると、レポートを作成する際に文章の中に R のソースコードを埋め込んで、最終的に文章と R の出力結果をレポートとして出力するためのパッケージです。
カッコイイ言い方をすると「R での Reproducible Research を支援するパッケージ」です。

  1. 「R言語上級ハンドブック」の執筆の際にみなさん使っていたので自分も使っていましたが、当時はそこまで便利とは感じませんでした

editor にオプションを指定できなくなった R 3.0.2 でもオプションを指定する裏ワザ

自分は tmux のセッションごとに Emacs のサーバを起動していて、次のような設定をしています。

サクッと統計の初歩の初歩が学べる「とある弁当屋の統計技師(データサイエンティスト)」

20140209004719
今更ながら、昨年の 9 月にご恵投いただいた「とある弁当屋の統計技師(データサイエンティスト) ―データ分析のはじめかた―」を拝読しました。
石田先生ありがとうございます。そして読むのが遅くなってすいません・・・

Zepto で script タグを挿入するとハマる

jQuery と Zepto の .append で文字列の script タグを挿入した場合、前者はスクリプトが実行されるのに、後者は実行されなかったので原因を調べてみました。1

  1. 正確には .html ですが内部ではどちらも .append が呼ばれるので .append にしておきます

リスト要素のフィルタリングとかに便利そうな JavaScript を書いてみた

自分が欲しかったので作ってみました。40 行程度のしょぼいスクリプトです。
https://github.com/abicky/query-matcher-js

npm 経由で scripts のコマンドを実行すると $(npm bin) が PATH に追加されるらしい

package.json の scripts のところには $(npm bin)/mocha のようにローカルの mocha を明示的に指定しないといけないのかと思いきや、$(npm bin) が勝手に PATH に追加されるみたいです。
なので、mocha と記述するだけでローカルに mocha が存在すればそちらが使われます。

広告